気象庁予報業務許可 第51号
シスメット-気象のプロによる予測・分析・防災システム

気象お役立ち情報

雪が降るかの気温の目安

2023-11-20

11月も終わりに近づき、日本海側の地域を中心に雪のニュースを耳にするようになりました。

雨が降るのか、雪が降るのかといった判別には上空の寒気が大きく関わってきます。

一般的には上空1500m付近の気温が-6℃以下
が雪が降る目安となります。


合わせて上空5500mの気温が-36℃以下
が大雪となる目安となります。
この高度の気温が-36℃以下になると大雪に注意が必要です。


・上空1500m付近の気温が-6℃以下は雪が降る目安
・上空5500mの気温が-36℃以下は大雪の危険の目安
となります。

最新の気象お役立ち情報

2024年02月06日
ガイドブック無料贈呈中!! 海象情報の使いわけ入門編 -観測から予測、データ提供まで-
2024年02月02日
大気の状態を表す用語(雪など)
2024年01月29日
ホワイトアウトの危険について
2024年01月31日
佐渡ブロックって本当にあるの?
2024年01月24日
北海道の雪の特徴
デモ画面のご案内 ZEROSAI導入までの流れ PayPalでお支払い デモ画面のご案内

体験版のお申込み かんたんお見積り
ページトップ