気象庁予報業務許可 第51号
シスメット-気象のプロによる予測・分析・防災システム

製品お役立ち情報

ZEROSAI気象予報士による無料コンサルサービス

2023-10-17

シスメット(株)は民間の気象会社として専属の気象予報士が在籍しています。
※気象庁 気象庁予報業務許可 第51号

弊社サービス【ZEROSAI】【羅針盤PLUS】をご契約中のお客様には無料で気象予報士による電話でのコンサルサービスを活用することができます。

【防災盤】【羅針盤PLUS】の予測に合わせて、最前線で活躍する気象のプロフェッショナルが皆様の疑問にお答え致します。

質問例①
お客様「〇〇地方は羅針盤PLUSでは荒れるとのことだが、天気予報では平穏そうなので、実際はどうか。」

予報士「〇月〇日は発達した南岸低気圧が通るため、沖合では荒れる見込み。参考程度に湾の外では、午前中に南風10m/s、夜に西風10~15m/sで、波は1mのち2m前後となるので、それなりに荒れる可能性が高い。」


質問例➁
お客様「今日はクレーン作業があるため風速の管理を行わなければならない。昼以降の風速はどうなりそうか。」

予報士「9時現在、10m/s程度の風が吹いているので、今後は夕方に向けてもう少し強まりそう。また、その風は、明日の夕方位までは続きそう。」


質問例➂
お客様「コンクリートの打設を予定しており、3mm/hくらいの降水であれば作業しようと考えている。防災盤だと3時間雨量21mmの予測となっているが、この数字は妥当か?」

予報士「6/19は梅雨前線の影響を受ける可能性が高く、降水確率はかなり高い。しかし、降水量はブレを考慮すると10mm前後とみるのが妥当。」


質問例④
お客様「日曜日に花見をしたい。雨が心配。」

予報士「夕方からは雨が降りそう。早い時間帯で居酒屋を予約し2件目に向かった方がいい」

最新の製品お役立ち情報

2024年02月08日 ZEROSAI
【三色表示灯】便利な活用術 【電池式水位計】との連携
2024年01月16日 ZEROSAI
【防災盤の機能紹介】トップ画面から観測データへのスムーズな遷移!
2024年01月11日 羅針盤PLUS
【羅針盤PLUS 機能改修】長期予測の予測頻度・更新頻度が増えました
2023年12月11日 ZEROSAI
【防災盤の機能紹介】過去観測データを日報・月報に活用!
2023年11月24日 羅針盤PLUS
【羅針盤PLUS】追加機能 波浪に関する用語解説
デモ画面のご案内 ZEROSAI導入までの流れ PayPalでお支払い デモ画面のご案内

体験版のお申込み かんたんお見積り
ページトップ