気象庁予報業務許可 第51号
シスメット-気象のプロによる予測・分析・防災システム

導入事例

地方整備局様 砂防堰堤改築工事

地方整備局

電波状況が悪い現場でも、LAN環境で運用

導入機器構成:防災盤Nセンサー防災灯水位計太陽光電源

【運用環境】
現場上流に気象観測装置「Nセンサー」「水位計」を設置し現場の雨、風、温度、湿度、水位をリアルタイムに観測を行う。
また、上流、中流、下流に「防災灯」設置し現場の気象情報を流し、作業員の方々へ直感的に周知を行っている。

【運用方法】
〇現場に設置しているNセンサーのデータをCSVデータで抽出を行い、特に雨のデータは 証憑資料として活用している。

〇工程管理では、防災盤の長期予測(最長10日先)から超短期予測(1時間先の5分毎)までを見ながら管理に役立てている。

〇現場に設置している防災灯を使って作業員の方々へ常に気象情報の周知を行っている。
(現場で観測している降雨量、風速、温湿度、水位、注意報、警報を表示)

【導入目的と効果】
〇現場は砂防堰堤の工事であり、出水期の降雨量は大変神経を使うところがある。
 工程管理にも影響が出る可能性があり、危険にも直結する事から精度の高い気象予測と 24時間リアルタイムに観測をする必要
 があった。

〇現場で任意で設定している基準値超過の際に直感的に作業員の方々へ危険を知らせる 必要がある。その為作業区域内である
 上流、中流、下流に設置した防災灯で気象情報の周知を行い、迅速に 情報を伝えることができるようにした。

〇Nセンサーで観測したデータは日付ごと、月ごとの日報、月報として出力し発注者へ提出を行った。
 また必要に応じ、csvデータで出力を行いExcelで加工することができた。

〇危険予知が重要な現場のため、精度の高い気象予測や雨雲レーダーでの雨雲の傾向またリアルタイムな雨量観測等の気象情報が
 重要であった。またこの情報を活用し工程管理を行う必要があった。


地方整備局

お客様の声

〇過去にも同様なシステムを利用したがZEROSAIが一番良かった。
 特にデータ抽出方法が簡単で、提出用証憑としても使い易かった。

〇予報精度が高く、特に降雨予測は先読みをして工程管理が組みやすかった。

〇熱中症指数の観測データは、補正費用請求時の証憑として大変役に立った。


デモ画面のご案内 ZEROSAI導入までの流れ PayPalでお支払い デモ画面のご案内

体験版のお申込み オンラインお見積り
ページトップ